安心して依頼できる

スキャン代行サービスの概要

スキャン代行サービスについてご存知でしょうか。 電子ブックリーダーの登場により、自分の持っている書籍を電子データにする機会が増えました。 電子化した書籍は永続的に残りますし、場所もとりません。 しかしスキャンしようと思った時、書籍は製本されているのでこの作業は膨大な時間と手間がかかります。 これを代わりに行ってくれるのが、スキャン代行業者です。 これらの業者は効率よくスキャンするため、書籍の製本を裁断機やアイロン等で分解した後に行っています。 自分で行うよりも、はるかに早くきれいに行ってもらえるので大変便利です。 スキャンしたデータは一定期間以上は保存せず、元の書籍も溶解処理等適切に処理してもらえるような、セキュリティの高い業者に任せるといいでしょう。

注意事項と今後の課題

販売されている書籍の大半には著作権によって保護されています。 ですのでスキャン代行サービスにてデータ化されたデータは、私的にのみ利用しましょう。 インターネット上にアップロードするようなことは、絶対にやめましょう。 また一部の作家は、自身の書籍をスキャン代行サービスにてデータ化すること自体を認めていません。 サービスを利用する際は、スキャン代行を認めている作家かどうかも調べておくとよいでしょう。 電子ブックリーダーの急速な拡大により、電子化されていない書籍も電子ブックリーダーで読みたいという要望はますます増えていくでしょう。 この様な要望を叶えつつ、著作権者の利益も害さないような法整備を行うことも今後の大きな課題だと言えるでしょう。